外伝 一人の英雄のありふれたあってはならぬ一つの英雄譚───伝説の戦士、語られぬ数多の屍敷かれた戦場へ帰還す 第八話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 聖十字騎士団と冒険家の亡骸が散乱する戦場に、俺は場違いな懐かしさを覚えた。

 いつもこうだった。

 結局、敵も味方も死んで、最後に立っていたのは俺だけ。

 数多の戦場が、戦闘の結果がそうであった。

 例外なんて、あの意地っ張りの真面目馬鹿くらいのものか。

 それも今となっては……

「待たせたな」

 鎧を白に戻し、思い出にふけっていたら近くの武器屋から誰か出てきた。

「真打登場ってのは最後の最後ってもんだぜ」

 みすぼらしい男だった。

 ろくな防具もなく、ただ小細工しただけの奇抜な剣を俺に向けている。

「さあ、ラストバトルといこうぜ」

「…………」

 無視して帰ろうかと思ったが、こんなのでも放っておくと後が面倒そうだ。

「アーサーキング! 至高聖剣スプリームエクスカリバーMk‐IIマークトゥー!」

「……アルティ・マークス・ルーグ」

 名乗りつつ、片手でグレートソードを掴む。

 金髪碧眼の若い男が、大上段に構えてそのまま突っ走ってきた。泣けるほどに無防備で、冗談みたいに隙だらけだ。

「希望の未来を――――斬り開いちゃうぜぇ!」

「斬り開かれるのはてめえだクソガキ」

 害虫でも叩き潰すような感覚で、

「え?」

 そいつを剣ごと真っ二つにした。

 やはりいい剣だな。

 ぐるん、とグレートソードを大きく回して、こびりついた色々を払う。今までこれといった剣を持たなかったが、これは気に入った。

 もっとも、二度と使う機会もないだろうが。

 ん?

 俺はそいつの腕に奇妙なものがはめられているのに気づいた。これは腕輪か? それにしては見たこともない形状だ。それにこの素材……

 中央で動いているのは数字で、どうやら時間を表示しているようだが……

「ルーグ様!」

 転移魔法でグレートソードを支部長室に送っていると、小太りの男が駆け寄ってきた。[ファミリーバンチ]の店主だ。

「お願いがございます!」

 平伏し懇願する店主。

 その内容は、俺を動かすに充分だった。

 人の手を離れた、廃屋というものはどこにだってある。そういうところはだいたい犯罪の温床になりやすいが、かといって管理するのも手間なので、だいたい放置されている。

 そのひとつに、目的のもの――――人物はあった。

 最初期に戦った冒険家の安否は絶望的だったが、それでも生き残りはいた。

 どんな形であっても、彼女は生きていたのだ。

 ぴちゃり。

 嫌悪感のある液体を踏みしめて、俺はその一室に入った。

 吐き気のする臭いは嗅覚から遮断すべきか判断に困ったが、結局そのままにした。それはなんというか、彼女に対しての不義理のように思えた。

 彼女は――――俺の――――皆の記憶通りであるならば、綺麗な女性であった。

 しかし、その面影すら、今の彼女にはなかった。

 ただ生きているだけの、肉の塊。

 冷たく言ってしまえば、そんなものだろう。

「助けに来た」

 まだ聴覚はあったらしく、俺の声に彼女は残った目を向けた。

「奴らは」

「全員殺した」

「よかった……」

 心底安堵したらしく、彼女は細く長い息を吐いた。その口にはまともな歯が見当たらなかった。

「この街は助かったのね」

「多くの冒険家が、命がけで戦った。それがなければ……感謝する」

「〈メテオラ〉は、私の仲間は」

「…………」

「……そう」

 すべてを察したらしい彼女は、腫れ上がった頬で諦めたように笑った。

「感謝ついでに、お願いがあるの」

 俺は黙って潰れた鼻を見ていた。

「私の剣と、指輪を見つけてほしい。それを彼に……婚約者に渡してほしい。どっちも刻印がしてあるから、見つけられると思う」

「わかった」

「それから……」

 彼女は自身の不自然に折れ曲がった腕や指を見る。

「私を、消してほしい。跡形もなく、この世から消し去って」

「…………」

「せめて彼の思い出の中だけでも、私は綺麗なままでいたい」

 そばにある切り落とされた足は、逃走防止目的だろう。

「お願い」

「わかった」

 俺は両腕を構え、力をこめる。

「その依頼、確かに引き受けた」

「悪いわね。報酬も出せないのに」

「そうでもないさ」

 彼女を中心に魔法陣を展開。

「もう充分すぎるくらい、もらっている」

 手の施しようのない負傷兵の介錯。

 それもまた、戦場の常で、

 慣れるほどにこなしてきたことだ。

 それは、最後まで生き残った者の勤めと言えよう。

第九話

目次

コメント

タイトルとURLをコピーしました